スポンサーリンク

タチウオ釣り

趣味

一応、忌中を終了したので、念願の釣りに出かけてみました。

釣りおターゲットは場所によるのですが、大阪湾で無く、鳴門海峡付近へ出かけました。

時期的には青物、鯛、サワラ、タチウオ、アオリイカと狙える時期なのですが、今年は閏月があったため、やはり1ヵ月近く遅れているそうです。

久しぶりの釣りなので釣れるものを釣ろうと、仕掛けやタックルを沢山持っていってしまいました。限られた時間の中で手に持てる道具は1式だけなので、本来はじっくりと粘って釣りをすれば良いのですが獲物がほしいという欲が出て、あれやこれやとやってしまうのが常ですね。

とりあえず、お土産確保と最初2時間ほどタチウオを狙いました。

タチウオは大阪湾の方が型も数も良いのですが、、、、

でも、これをやっといてよかったという結果でしたね。

 

サイズは指2本半から指4本までのサイズ。ほとんどが指3本という寂しい結果ではありますが、船中3人で40尾以上、リリースをしたのを加えると60尾くらいにはなるでしょうか。

餌もたくさん持っていったわけではなかったのでこれはこれでよく釣れたと思います。

そのあと、アオリイカを狙ってみましたが、まだ少し早いのか、潮加減が合わなかったのか当たりが出なかったですね。

終了時間までは、タイラバ、サゴシ狙いをしましたが、ワニゴチ1尾、ツバスが1尾かかっただけに終わりました。

大阪湾ではそこそこの釣果が聞こえるのですが、腕が悪いのか、場所が変わると魚の状態も異なるのか、超過としてはちょっと残念な釣りでした。

小さめの太刀魚は、本来でしたらリリースですが、このタチウオテンヤを使っての釣りは、ごらんのように針が大きく魚体を傷つ

けてしまうので、生かすことが出来難いのです。

ですから、持ち帰り手間はかかりますがおいしく食べてあげることにします。

写真は、大き目のタチウオを刺身と、炙りにしたもの。ワニゴチの刺身の盛り合わせです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました