スポンサーリンク

ピッチャー

趣味

プロ野球も終盤になってきました。

贔屓のチーム、広島カープのセリーグ2連覇は大丈夫だと思いますが、その後のCSがちょっと心配になっています。

鈴木誠也選手の離脱もありますが、中継ぎ投手陣の疲労が目立ってきています。野手陣も昨年のような一気に逆転するようなつながりがないので中盤以降の守りは大事ですね。

野球をやっている人口はすごく多いと思いますし、プロで活躍できるというのはその中の一握り。しかも一生、野球に携われるのはその中でも一部の人だけだからすごいですよね。

少年野球をやっている子供たち、高校野球をやっている少年達はそこを目指している人も多いですね。

私には残念ながら男の子供はいないですが、近所の少年野球の練習を見に行ったり、ちょっと手伝ったりした経験があります。

チームによって指導者のカラーがすごく出るもので、叱り付けながら練習をするチームもあれば、本当に楽しそうに練習するチームもあります。

勝つに越したことはないですが、あまり勝敗にこだわるのはドンなもんかなぁとは思いますが、勝負事ですからついつい力が入るものです。

私がかかわったチームは監督さんやコーチの人たちも熱心で、アマチュア野球の経験者の集まりでした。特にコーチや監督の経験があるわけではない人たちの集まりでしたから、練習の組み立て、練習方法は自分たちが経験してきたことを元に組み立てたものです。

実際のところ、強豪校で野球を経験していれば、コーチがついたりしますけど、そうした指導も受けたことがない人が多かったので、結構練習方法のDVDなど回し見もしましたね。

野球だけでなく、他のスポーツのDVDも見ましたよ。

特に体の使い方を解説したものは参考になりました。

今、手元にあるのが「野球ピッチャー上達革命」というDV

D。

 

 

 

 

 

 

ピッチャーをやりたい子が多く、コントロールをつけさせるための体の使い方、目線など多いに参考になりましたね。

少年野球の場合は、個人の力の差が大きくなかなかチームプレーの練習に力が割けないことが多かったです。

一人ひとりのキャッチング、スローイング、バッティングなどをしっかりと身につけさせることが第1目標だったように思います。

沢山の子供たちが参加するチームであればレギュラーの子達の練習は中学野球、高校野球に近いものになるのかもしれませんが、まずは子供たちにスポーツの楽しさ、野球の楽しさを理解してもらうことを一番に考えていましたね。

そんなチームでしたから、あまり強くはなかったですが、高校まで野球を続けて、甲子園に出た子もいますのでうれしかったですね。

私は今は眼も悪くなり、試合などとても出来ませんので、テレビで野球を見ているくらいです。

さぁ、今日も巨人戦。

頑張って応援しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました