スポンサーリンク

タイラバ釣行記

趣味

行ってまいりました。

昨日は夜中に出発、帰宅はもう日も落ちようかという時間になりました。

持ち帰ったお土産は

 

 

 

 

 

 

 

 

写真以外に、小ぶりのアコウ、500g程度の蛸がおります。

朝、一番の時間帯は、アコウ狙いで、自作のヘッド、仕掛けでスタート。
たくさんの釣り船が同じ狙いのようで、海の上はラッシュ時の道路のようでしたね。

海の中にはどれだけたくさんの仕掛けが降りているのでしょう。その中で自分の仕掛けを選ばせ釣り上げるのはすごいことだと感じました。

釣果のない船もたくさんいたようですが、私たちの船は2尾ほどアコウを上げることができました。私はというと、一度大きなあたりがあり、やったと思いましたが針がかりせず。2度目のあたりはうまく取れたのですが、上がってきたのはアコウでなく、鯛でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも自分の作った仕掛けで鯛が釣れたわけですから、嬉しかったですよ。

アコウ狙いの時間帯は、潮止まりの時間を利用し、鳴門の渦潮付近で行いますから短い時間です。そのあとは、潮の流れが安定するまでマアジ(私たちは黄アジと呼ぶ、この時期が旬のアジ)をお土産確保として釣りました。

アジが付く磯付近ではイワシも一緒にいたようで、アジのサビキにイワシが掛かり、それを狙うフィッシュイーターであるハマチやサワラの回遊も見られます。サワラが回ってくると、アジはもちろん鯛まで逃げ出しますので結構見極めは大変です。

私たちの船では、サワラの当たりは3,4回あったのですが姿は見れず、ハマチが1尾上がっただけです。サワラの歯は、太刀魚と並び鋭く危険です。使っている釣り糸などは歯が当たるとカッターナイフで切り取ったようにスパッと切られてしまいます。

今回私も、大事なマイクロフリップ1つと、手製の仕掛けを一つ失ってしまいました゚(;>_<;)

後半は、タイラバ。

他の釣り船は早々に切り上げていきましたが、私たちの乗った船の船長はこの潮なら安定すればここで釣れると誘い、そこそこの釣果をもたらせてくれました。

私も、10尾ほどの鯛を釣り上げましたが、あたりだけを数えれば3倍以上もあり、まだまだ仕掛けの改良や、釣り方の工夫の余地があることが分かりましたので、今後の課題です。

それは、また、少しずつここでも紹介しながら工夫していきます。

お土産の魚君たちは、昨晩捌いて、3件の娘夫婦に今日配り終えました。

私と奥さんは、今日、アジの揚げ焼きとガシラの味噌汁。

明日は、鯛めしとアコウの煮付けで終了となる予定です。

まぁ、鯛のアラは冷凍して置いてありますけど、、、、

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました