スポンサーリンク

体調管理

健康

雨が降り、梅雨らしくなったというか、急に蒸し暑くなっています。

こういう天気は大の苦手、ついつい食事も冷たいものを選ぶようになります。

アンケート調査などを見ても、1位「そうめん・冷やむぎ」(71.4%)、2位「そば」(29.5%)。

家で食事を作るとなるとどうしてもなるべく火を使わずに調理したいと思います。

そして、冷たい飲み物やお酒を飲む機会が増えています。ビールは美味しくなりますからね。

こうして、夏になると体調を崩す人が多いということになるのでしょう。

別に、そうめんやそばが悪いとかいうのではなく、卵、ハム、野菜なども一緒に食べるとかのばらんすのもんだいなんですね。

体調が優れないと夏バテ、熱中症なども起こしやすくなるものです。熱中症というと屋外と思われがちですが、屋内での熱中症も多いものです。

冷たい水ばかりを摂るのでなく、電解質も摂らないと、いくら飲んでも血中塩分濃度が低いと、身体は水をどんどん排出して濃度を一定に保とうとしますから自発的脱水がおきますね。

ですから、食事はうどんや、そば、そうめんなどの麺類でも良いですけど、栄養バランスを考えた付け合わせを摂る事、水分は糖質、電解質を適度に含んだものをとることが、夏の体調管理の基本と言えそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました