スポンサーリンク

クールインナー

生活

クールビズは始まりましたが、まだ事務所の冷房は入っていません。

個別の熱中症対策は必須です。

 

室内は風が無いのでなかなか清涼感を感じるのが難しいですね。

冬場はあったかインナー、あったかタイツなどで十分暖は取れるのですが
夏場は、、、、

オデコにヒエピタ、首筋にヒエピタが気持ちいいですが
急な来客があると格好悪です。

 

自宅ではTシャツ1枚で過ごし、暑ければ冷房を入れる時期ですが、、、

 

最近は夏のクールインナーと言うのがでていて、
-〇℃と宣伝していますが、実際はどこのが良いのか
わかりませんね。

私はどちらかと言うとラッシュガードのように身体に張り付くタイプはちょっと苦手だから普通の綿の下着かTシャツというのが定番でしたけど、、、、どうなんでしょうね。

 

釣行時の服として、釣り具メーカーのものと併用して作業服メーカーが出しているアイテムを使っています。作業服と言うとどちらかというとデザイン性が無く野暮ったいと言うイメージがありましたが、最近はデザインもよく性能も良いものが数多く出ています。

 

私は雨具(上着とサロペット:完全防水、長靴)は水産業者さんが使うものを愛用しています。そのほかにも、オーバーオール、ツナギを持っていますが、この業者の商品は、宣伝してあることがきちんと守られていると感じていました。

 

ここから、-10℃が体感できる特殊冷感半袖コンプレッションシャツというのが発売されたとメールがありました。

詳しい仕組みはわかりませんが、この業者ならOKかもと思って、父の日のプレゼントとしてリクエストすることにしました。

 

娘が買ってくれるとうれしいですね。

釣りのときだけでなく、普段にも使えそうだと思っているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました