スポンサーリンク

室内温度

仕事

昨日クールビズの話をしてて、ネットを見てたら「室温28度は熱中症注意温度 クールビズだからと我慢するのは危険」というタイトルのニュースを見かけました。

私の職場でもそうですが、クールビズが導入されるとエアコンの設定温度が28度に調整され、それ以下にはならない様になります。

 

この28度。環境省の関係者が「科学的知見を持って決めたわけではなく、なんとなく28度を目安にスタートした」と言っているそうです。

 

この28度というのが、私達の生活の中にも定着しているわけですが、真夏日の気温が30度以上となっていることを考えると決して快適な温度とは考えられませんね。

工場などでは労働環境のストレス指標というものがあり、温度の段階で注意勧告がされているようです。

気温24~28度(注意温度):熱中症による死亡事故が発生する可能性がある温度で積極的な水分補給が推奨されている。

気温28~31度(警戒温度):屋外作業をする場合は定期的に十分に休息を取り入れる。

気温31~35度(厳重警戒温度):外出時は炎天下(直射日光)を避け、室内では室温の上昇に注意する。

気温35度~(危険温度):室内で安静状態にしていても熱中症を発生する危険がある。

これをみても、室内で仕事をするとしても28度は限界温度。熱中症になるならないは個人差があるものの、温度を下げすぎることも問題だが、設定温度はもう2度くらいは考慮しても良いかもしれない。

我が家の設定温度を何度にするか、奥さんと話し合うことにする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました