スポンサーリンク

リールのメンテナンス

趣味

土曜日の釣果を昨日の朝、調理。

小鯛は、腹開きにしてみりん干にするため夕方までつけて、今は冷蔵庫で干してあります。今日の晩酌のお供にと考えています。

30cmに満たない鯛がもう3尾ほどありましたが、娘が旦那に刺身を食べさせたいというので3枚に卸し、短冊にしてプレゼント。アラは例によって私が食べるので、冷凍しておきました。

コチは、フライにするか、煮付けにするか悩みましたので、頭を落とし、尻尾を落として棒状のままで冷凍にしました。ガシラは義妹にたまねぎと一緒にプレゼント。

釣るのは大変ですが、あっという間になくなるものです。

 

今回の釣りで、結構底の荒れているところを責めましたので、仕掛けを予想より沢山失いました。少し補充を考えないといけませんね。また、PEが高切れしたり、リールがトラぶったりしましたので、昨日は午後からメンテナンスに時間をかけました。

リールは使ったままにしておくと糸が塩噛みを起こします。特にPEラインは塩噛みするとトラブルの原因となります。今回はいつもより深い場所も攻めましたので、かなり仲間で塩水につかっています。

リールの洗浄はシャワーで水をかけ、塩を洗い流すのですが、次の釣行までしばらく時間が空くので、昨日は糸巻きをしていないリールを使い、今回使ったリールから一度全部糸を巻き取りました。

その際、道糸をタオルではさみ、汚れをふき取っていきます。余り劣化していませんでしたのでまだ使えると判断しましたが、色落ちしたりささくれ立ったりしていると道糸も交換しなければなりません。高切れして短くなったりしなければ大体1シーズンで巻き変えます。

そうして、一度糸を巻き取った後、リールの汚れを取ります。シリコンオイルを拭きかけ綿棒で汚れを取っていきますが最近のリールは防水性を保つために私達素人ではなかなか中まで掃除をすることは難しいです。ですから内部はオイルで汚れを洗い流す位のつもりでスプレーしました。

そして、再度道糸をリールに巻いていって完成です。

 

時間はかかりましたが、これで、次の釣行までお休みしておいて貰いましょう。

 

母の日でしたので、夕方からは奥さんに晩御飯を作ってあげました。メバルの酒蒸しとガシラの酢漬け。新玉のスライスをたっぷりと。

我が家の定番ですが、おいしいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました